洋楽ランキング

ホルヘ・ボレット ランキング!

ホルヘ・ボレット ボレットの遺産/リスト&ショパン・リサイタル [DVD]

とにかく落ち着いた演奏。年齢は感じさせるものの、大きな手で難しいところを難なく弾いている。その指遣いがよく見えて、演奏を聴くだけでなく見ているだけでも楽しめると思う。 ボレットの遺産/リスト&ショパン・リサイタル [DVD] 関連情報

ホルヘ・ボレット ボレットの遺産/リスト&ショパン・リサイタル [DVD]

 19世紀式ロマン的な演奏をする最後の巨匠といわれる、ホルヘ・ボレットのショパンバラード1番4番とノクターンの2曲および、リストのペトラルカのソネット第104番と第123番および第二年補遺「ヴェネツィアとナポリ」より3曲が収められている。  とはいえ、そもそもロマン的な演奏ということに対してわれわれは誤解しているのではないかということを認識させてくれる演奏である。 もちろんいい演奏である。しかし、この場合のロマン的な演奏というのは、19世紀後半から20世紀中ごろくらいまでに活躍した演奏家たちの系譜を継ぐ、という意味である。そして、それらの巨匠たちの演奏は、過度な虚飾を排した形式的にすっきりと収まった上品な演奏であるという印象が残る。これは、人間の内奥に迫りたいと思う方には少々物足りなさが残るかもしれない。 ボレットの演奏は、ディナーミックは幅広いが、さらさらした印象を受けるかもしれない。ギーゼキングほどではないにしても。しかし、そこがショパンとリストにおいては、逆に好感がもてるのである。上品な中にも、幅と深さがあるのがチャームポイントだ。 星を4つとしたのは、使用ピアノが、ボレット愛用のボールドウィン、実質は、ベヒシュタインだったといわれている、ピアノではなく、スタインウェイピアノである点である。楽器の音色で、曲の印象表現の印象が変化するので、このへんを知ることができないので満点にできなかった。 ボレットの遺産/リスト&ショパン・リサイタル [DVD] 関連情報

ホルヘ・ボレット 愛の夢~リスト:ピアノ名曲集

作曲家《リスト》のピアノ曲ばかりを集めた、名曲集です。リストと言えば《テクニック偏重》みたいなイメージがあって、あまり聴き込んでいなかったのですが、久しぶりに聴いてみたら、これが単純に《美しい》です。ピアニストにとっては、高度な超絶的テクニックを必要とする曲なのかも知れませんが、聴く側にとっては、単純にその《美しさ》が楽しめます。あんまり理屈をこねるよりも、素直に楽しんだほうが勝ち、みたいなアルバムです。疲れた心に染みてくる、素直に《美しい》名盤です。 愛の夢~リスト:ピアノ名曲集 関連情報

ホルヘ・ボレット 愛の夢&ラ・カンパネラ~リスト名演集

リストの中では一番好き。知識が無いから何も語れないですが、長く聞いてて疲れないのがいい。 愛の夢&ラ・カンパネラ~リスト名演集 関連情報


Loading...


ここを友達に教える