新海丈夫 ランキング!

【艦これ】電ちゃんと行く!艦隊これくしょん Part.87【ゆっくり実況】

最近暖かくなってきましたね。 お待たせしました、春も頑張りましょう。 ←Part.86:https://www.youtube.com/watch?v=uzUyPA2Rgu8 ...

ヒロイン失格

同じ高校に通う松崎はとりと寺坂利太は幼なじみ。

『TERAI YUKI』、「Shave and a Haircut」デモ

フジテレビのYouTube公式チャンネルです。 ドラマやバラエティ番組のダイジェスト動画、Web限定オリジナル動画など、ファン必見の動画を ...

東京ヤクルトスワローズ 小川泰弘 投球練習

2015年6月14日 埼玉西武ライオンズvs東京ヤクルトスワローズ 西武ドーム セ・パ交流戦.

ゲーム動画ランキング
ここを友達に教える
占いランキング

新海丈夫 ランキング!

新海丈夫 圧殺の森 高崎経済大学闘争の記録 [DVD]

「三里塚の夏」のDVD付きブックが発売された時、レビューを書き込んだうえで、末尾に、本書が小川プロダクションの軌跡を振り返る起点となり、今後、他にも陽の目を見る作品が続くようになればと結んだが、まさか、本当にそうなるとは思わなかった。全20作品、これから順次DVDソフト化されていくとの事だが、個人的に再見したいと思うのは、「三里塚・辺田部落」、「ニッポン国古屋敷村」、「どっこい!人間節」と「パルチザン前史」、「圧殺の森」である。小川紳介の岩波映画時代からの先輩に当たる土本典昭が過激派の教祖と言われた滝田修にフィルターを合わせ監督した「パルチザン前史」はひとまず措くとして、「辺田部落」と「ニッポン国古屋敷村」は、絶えず農民の側に立ち成田空港建設反対を政治運動的視野で体を張って向き合い続けた小川プロが、闘いよりも、三里塚、そして山形の奥深い農村で生きる農民たちの日常の営みを凝視していく事で、自然と土地を守り、戦後日本の経済成長を陰で支え続けた農村が奪われ、或いは過疎化で崩壊していく中で生きる農民たちの心を静謐に描いていた故に、また、「どっこい!人間節」は、横浜の寿町に飛び込み1年にも及ぶ取材の中で、人生の吹き溜まりであるドヤ街で社会の敗残者であり世捨て人として生きる人々の孤独と最後に優しく寄り添い続けた故に、そう願うのだが、では、「圧殺の森」は何故ゆえに、なのか。1966年、群馬県の市立高崎経済大学では不正入学を契機に学生たちが立ち上がり、それは授業料値上げ反対と自治会解体阻止に発展し、学校当局や警察と激しい対立となっていった。映画は大学の不正を正し、学生ホールに閉じ籠もった彼らの闘争を克明に追う。自分がこの映画を観たのは81年頃、政治の季節はとうの昔に終わり、時代は三無主義から明るい軽薄の時代に突入しており、大学のキャンパス内でもコンパと企業の青田買いが花盛りになりつつあった時代であったが、映画の中での彼らは、至極硬直で生真面目、怒りと高揚感に溢れていた。学生ホールをロックアウトし籠城した彼らにより日々繰り広げられる討論の数々。彼らは饒舌に気色ばって声高に主張する。本編はまずアジテーションとディスカッションのドラマであり、それに辟易される向きも当然あると思うが、彼らにとっては途方もなく大きな国家権力と対峙していく際に不可欠なものであるよう感じる。闘争は長期化し、弾圧は強化される。随分前に観たきりなので、記憶もおぼろげなのだが、映画の終盤には印象深いシーンがあった。それは、既に逮捕拘留されている仲間を支援すべく法廷闘争が始まるものの、大学からは闘争に参加した者は厳酷な処分を与えるとの警告が出ており、彼らは身を守る為顔を隠して当日参加するのだが、そこで機動隊と衝突が起こる。小川紳介ら映画の撮影隊もむろんその場に居て現実をしっかり伝えようとカメラを回すのだが、覆面を剥がして参加者の顔を晒そうとする機動隊員たちの横暴の前に、撮影者としての立場から身を挺して彼らを守る立場へと変貌する。カメラがぶれる、撮影者が第三者の立場を越境して、被写体である学生たちの側に明確に付いた瞬間を映画はとらえる。映画評論家でありオルガナイザーであった松田政男が、今作をドキュメンタリーとして紛れもない傑作と呼んだ瞬間である。そして、次々と逮捕される者、さらに67年映画公開時にも、今なお逃走中で「全国指名手配」になっている者、、、。最後のテロップで、唐突にそれは流れる。映画館を出て、陽光眩しい日常に戻ってからも、そのテロップの重みが暫く心の奥底に澱んでいた事を思い出す。恐らく、今作を、今の学生たちはどう捉えるのか、数十年もの政治的アパシーの時代を経てSEALSに代表される社会への発言や意思行動を積極的に始めた若者たちと関連付けて語られる事もあると思う。60年代後半から全国で高まった学生運動の大きなうねり、その頂点にあったのが東京大学と日本大学という対照的な2校であったが、高崎経済大学という一地方大学で湧き起った怒りのムーブメントがその高まりの契機であったとの見方もされている。あの時代の若者たちを描いた作品、政治的思想的な作品は数多かれど、これほど当事者である学生活動家たちの日常と思考を追い続けた作品は記録映画を含めても滅多にない。あの時代の学生運動とは何だったのか?、知る為の貴重なテキストになる作品である。今作を撮った事で、小川プロの立ち位置は明確になった。ドキュメンタリーで肝心なのは、客観性を第一義に捉えるのではなく、被写体に対して作り手は誠実にどう向き合い、何を伝えていくのかという事であり、それが観る者の心にどう響くかによっておのずと評価が決まるものだ、個人的にはそう思っている。小川プロの原点、それ故、再見したい。 圧殺の森 高崎経済大学闘争の記録 [DVD] 関連情報

新海丈夫 No Longer Human (New Directions Book.)

太宰治の傑作、人間失格が英語でどのように表現されているのか?というところに注目してみました。こういった日本文学の英訳版は英語の勉強にも役立ちとても良いと感じました。 No Longer Human (New Directions Book.) 関連情報

新海丈夫 巫女さんファイター! 涼子ちゃん

かなりイイ出来のACTです。ストーリーモードの方は結構簡単ですが、オマケの方は…。自分はジョイパッドでやっていましたが、親指が死にそうでした。ともかくACT好きの人にはおすすめ。同社からでてる『巫女さん細腕繁盛記』&『えくすとら』は、やっておいた方がいいです。 巫女さんファイター! 涼子ちゃん 関連情報

新海丈夫 橋本真也 vs 小川直也 THE 死闘 [VHS]

負けたら即引退スペシャルの5戦目以外網羅されてます!インタビューや練習中の映像も満載で、ドキュメンタリー的な構成も良いですね初戦と3戦目以外は入場シーンはありません、しかし飯塚今と真逆だなぁ(笑) 橋本真也 vs 小川直也 THE 死闘 [VHS] 関連情報

新海丈夫 【チラシ2種付映画パンフレット】 『ヒロイン失格』 出演:桐谷美玲.山崎賢人.坂口健太郎

アイドル物かティーン向けの低予算映画かと思ってみましたが、エンターテイメントとして見るとかなり楽しめました。パンフ購入の動機にはなりにくいかもしれませんが、キチンと人間関係の解説があり、それぞれの配役など全体を把握するためには良かったと思います。桐谷さんは意外とキスシーンが多いのですが、前作の「百回泣くこと」「ラブスイング」のドラマでは本人のキャラクターからかなりポップなシーンになっており無理な印象が少ないようです。但し本人はキスシーンに対してかなり権限を持っているようで、キャッチーなくちびるが存分に生かされていました。観客は十代から二十代の女性が多く、動員力がかなりあるようです。若いカップルがデートで見に来ていましたが、坂口健太郎君の演じる役に容赦なく突っ込みを入れてました、たぶん大阪だけだと思いますが。「女子ーズ」はかなり面白かったのですが、観客がオタクと少女層に限られるのは仕方がないと思うのですが、この作品は年齢層が広く受け入れられると思いました。おじいさんやおばあさんには、矢が刺さったりするシーンは判りずらいと思いますが、変顔とスキンヘッドは受け入れられるのではないかと思います。キャノンのCMでかわいいなと思いましたが、別の世界の人と感じていたのがこの映画ですっかり身近な等身大の女性と思えるようになりました。 【チラシ2種付映画パンフレット】 『ヒロイン失格』 出演:桐谷美玲.山崎賢人.坂口健太郎 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
iPhoneランキング