アイドル動画ランク
ここを友達に教える
アニメ動画ランキング

陰性とは ランキング!

陰性とは

第二回NHKイタリア歌劇団の公演。1959年2月8日東京文化会館でのライブ。この時の公演として他に、かの有名なデルモナコ&ゴッビのオテロ(DVD化済み)、デルモナコ&シミオナートのイタリア語カルメン(LDは出てたのにDVD未)、タリアヴィーニのボエーム、トゥッティの椿姫、ガラコンサート(過去にCD化)があります。指揮/演奏:アルベルト・エレーデ/NHK交響楽団演出:ブルーノ・ノフリアディーナ:アルダ・ノニネモリーノ:フェルッチョ・タリアヴィーニベルコーレ:アルトゥーロ・ラ・ポルタドゥルカマーラ:パオロ・モンタルソロジャンネッタ:サンタ・キッサーリまだ映像技術も未熟で、当時のNHK(日本)の映像技術の限界を伝えます。オペラは暗い劇場での公演です。オペラ映画なら照明を焚けますが、公演ではそうはいきません。このシリーズを見ると映像技術の進化が手に取るように分かります。録音は当時のライブとしてはむしろ良い部類です。このシリーズが海外のマニアに絶賛されたのも頷けます。タリアヴィーニの絶妙なネモリーノ。ファルセットで甘〜い歌声。素晴らしいです。これを観るだけで買うべし。そして、途中で驚きの画像のみのシーン。マスターテープの損傷でしょうか。ノニは当時の美貌ソプラノ。モンタルソロのドルカマーラとの掛け合いは最大の見せ場です。エレーデの指揮もまずまずです。歴史的映像です。あるうちに買っといてください。ちなみに映像ではモノラルですが、CD(入手困難)ではステレオです!すばらしいですぞ。 関連情報

陰性とは

デル・モナコとゴッビの火を噴くような歌唱は、本当にすごいです。それにトゥッチだって、素晴らしい歌を聞かせてくれています。(特に第4幕では、美しいピアニッシモで伸ばす事、伸ばす事。)キャスト全員が驚くほどの熱意で行った演奏だと言う事が、よく分かります。また、指揮者が良かったのでしょう。N響も大健闘です。きちんとイタリア・オペラらしい、緊迫感あふれる演奏をしています。音声は、同時録音したラジオ放送用テープによる音源使用で、モノラルながら、この年代のライブという事を考えると、決して悪くない音質です。この奇跡的な名演の素晴らしさを十分に味わえます。ただ残念なのは、画質がそれ程改善されていない事でしょうか。歴史的に大変貴重な記録なので、あまり贅沢は言えませんが、このDVDに使用されたマスターは、以前に発売されたレーザーディスクと同一のようです。できればフィルム素材まで戻って、少しでもデジタル修復をしてもらいたかった、と言うのが素直な感想です。特にフィルムのコマ間のがたつきのひどさは、最近のDVDで復刻された映画を見慣れている私には、正直な話、かなり苦痛ですね。NHKアーカイブスで使用している修復技術を使えば、大幅に見やすくなると思うのですがねぇ。その点が、ちょっと残念です。 関連情報

陰性とは オテロ*歌劇 [DVD]

CDでのデル・モナコは、音を忠実にとって歌っていた。しかし、このDVDでの彼の歌唱は音なんて二の次といわんばかりに歌いまくっている。自分ひとりの世界に入り込み「怒りのオテロ」を熱演しているのである。演技に関しても、ドミンゴのような細かい配慮はされていないが、迫力は凄いものがある。歌唱も演技も規格外の迫力である。ここまで好き放題?できるのは、史上最高のオテロ歌いだけが許されるのだろう。また歌役者、ゴッビがまた凄い。ヤーゴ=ゴッビというほどに、マッチしている、これは史上最高といわれる演技力があるからに他ならない。「乾杯の歌」「信条」どこをとっても素晴らしい。一人突っ走るデル・モナコに対してじつに計算された究極の舞台を見せるゴッビ。これが素晴らしい競演を見せるのだ。まさに「黄金コンビ」である。この二人のおかげで、デズデモナ役のトゥッチはじめその他の歌手たちの印象が薄れてしまったのは惜しいかもしれない。でも、これはどう使用も出来ないこと、三大テノールのようなレベルの人たちを脇役に回すほか手はないだろう。 オテロ*歌劇 [DVD] 関連情報

陰性とは ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」全曲 [DVD]

第二回NHKイタリア歌劇団の公演。1959年2月8日東京文化会館でのライブ。この時の公演として他に、かの有名なデルモナコ&ゴッビのオテロ(DVD化済み)、デルモナコ&シミオナートのイタリア語カルメン(LDは出てたのにDVD未)、タリアヴィーニのボエーム、トゥッティの椿姫、ガラコンサート(過去にCD化)があります。指揮/演奏:アルベルト・エレーデ/NHK交響楽団演出:ブルーノ・ノフリアディーナ:アルダ・ノニネモリーノ:フェルッチョ・タリアヴィーニベルコーレ:アルトゥーロ・ラ・ポルタドゥルカマーラ:パオロ・モンタルソロジャンネッタ:サンタ・キッサーリまだ映像技術も未熟で、当時のNHK(日本)の映像技術の限界を伝えます。オペラは暗い劇場での公演です。オペラ映画なら照明を焚けますが、公演ではそうはいきません。このシリーズを見ると映像技術の進化が手に取るように分かります。録音は当時のライブとしてはむしろ良い部類です。このシリーズが海外のマニアに絶賛されたのも頷けます。タリアヴィーニの絶妙なネモリーノ。ファルセットで甘〜い歌声。素晴らしいです。これを観るだけで買うべし。そして、途中で驚きの画像のみのシーン。マスターテープの損傷でしょうか。ノニは当時の美貌ソプラノ。モンタルソロのドルカマーラとの掛け合いは最大の見せ場です。エレーデの指揮もまずまずです。歴史的映像です。あるうちに買っといてください。ちなみに映像ではモノラルですが、CD(入手困難)ではステレオです!すばらしいですぞ。 ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」全曲 [DVD] 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
アイドル画像ランク